東京競馬場 ダート1600m

東京競馬場 ダート1600m

◆主な重賞レース

フェブラリーステークス(G1)
ユニコーンステークス(G3)
武蔵野ステークス(G3)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 20- 25- 30-479/554 3.6% 8.1% 13.5%
2枠 32- 27- 43-474/576 5.6% 10.2% 17.7%
3枠 41- 27- 42-496/606 6.8% 11.2% 18.2%
4枠 52- 38- 42-493/625 8.3% 14.4% 21.1%
5枠 48- 52- 35-502/637 7.5% 15.7% 21.2%
6枠 40- 45- 41-520/646 6.2% 13.2% 19.5%
7枠 54- 57- 36-500/647 8.3% 17.2% 22.7%
8枠 40- 56- 55-498/649 6.2% 14.8% 23.3%

明らかに内枠の成績が良くなく、外枠の成績が良いように思われます。
やはりスタート位置が芝ということもあり、その芝の距離で成績に差が出ていると考えられます。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 40- 32- 27- 227/ 326 12.3% 22.1% 30.4%
平地・先行 157- 138- 109- 788/1192 13.2% 24.7% 33.9%
平地・中団 104- 114- 126-1512/1856 5.6% 11.7% 18.5%
平地・後方 26- 43- 62-1430/1561 1.7% 4.4% 8.4%
平地・マクリ 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

比較的最後の直線が長いコース形態なのですが、中団・後方はあまり成績が良くありません。
逃げ・先行がほぼ同じ戦績ですから、比較的前で競馬する馬が有利といえると思われます。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ゴールドアリュール 25- 16- 8-163/212 11.8% 19.3% 23.1%
ゼンノロブロイ 19- 12- 13-108/152 12.5% 20.4% 28.9%
キングカメハメハ 17- 15- 20-145/197 8.6% 16.2% 26.4%
クロフネ 15- 8- 11-119/153 9.8% 15.0% 22.2%
ネオユニヴァース 11- 9- 7- 92/119 9.2% 16.8% 22.7%
シンボリクリスエス 10- 8- 9-105/132 7.6% 13.6% 20.5%
パイロ 9- 6- 6- 87/108 8.3% 13.9% 19.4%
Tapit 9- 3- 2- 13/ 27 33.3% 44.4% 51.9%
エンパイアメーカー 8- 13- 10-127/158 5.1% 13.3% 19.6%
カネヒキリ 8- 9- 5- 98/120 6.7% 14.2% 18.3%
ケイムホーム 8- 2- 3- 55/ 68 11.8% 14.7% 19.1%
ヴァーミリアン 7- 7- 6- 60/ 80 8.8% 17.5% 25.0%
Smart Strike 6- 5- 1- 8/ 20 30.0% 55.0% 60.0%
フジキセキ 6- 2- 3- 28/ 39 15.4% 20.5% 28.2%

ゴールドアリュールやカネヒキリ、ヴァーミリアンといった現役時代にダート戦で好成績を残した馬が好成績を残しているようです。
やはり、血統的にダート向きの馬なのかもしれませんが、親がダートを得意としていれば、仔もダートを中心に使うようになるのが調教師の心理なのかもしれません。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする