東京競馬場 芝1600m

東京競馬場 芝1600m

◆主な重賞レース

東京新聞杯(G3)
クイーンカップ(G3)
NHKマイルカップ(G1)
ヴィクトリアマイル(G1)
安田記念(G1)
サウジアラビアロイヤルカップ(G3)
富士ステークス(G3)
アルテミスステークス(G3)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 26- 22- 19-260/327 8.0% 14.7% 20.5%
2枠 19- 25- 23-276/343 5.5% 12.8% 19.5%
3枠 28- 23- 22-285/358 7.8% 14.2% 20.4%
4枠 23- 20- 27-305/375 6.1% 11.5% 18.7%
5枠 28- 31- 20-324/403 6.9% 14.6% 19.6%
6枠 25- 35- 29-326/415 6.0% 14.5% 21.4%
7枠 26- 28- 37-386/477 5.5% 11.3% 19.1%
8枠 38- 30- 36-390/494 7.7% 13.8% 21.1%

あまり枠順による差は大きくないように感じられます。
勝率に関しても、枠順による差はほとんどありませんので、あまり気にする必要はないと思われます。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 25- 25- 24- 139/ 213 11.7% 23.5% 34.7%
平地・先行 79- 75- 68- 558/ 780 10.1% 19.7% 28.5%
平地・中団 92- 84- 78-1013/1267 7.3% 13.9% 20.0%
平地・後方 17- 30- 43- 840/ 930 1.8% 5.1% 9.7%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

最後の直線が長いコース形態なのですが、比較的前で競馬する馬が有利といえると思われます。
ただし、中団も率では一息の結果ですが、絶対数が多いので注意が必要です。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 46- 35- 32-165/278 16.5% 29.1% 40.6%
ダイワメジャー 15- 15- 16-115/161 9.3% 18.6% 28.6%
ハーツクライ 11- 6- 3- 88/108 10.2% 15.7% 18.5%
ステイゴールド 10- 8- 17- 89/124 8.1% 14.5% 28.2%
キングカメハメハ 9- 12- 8-105/134 6.7% 15.7% 21.6%
クロフネ 8- 4- 1- 34/ 47 17.0% 25.5% 27.7%
ハービンジャー 7- 4- 10- 50/ 71 9.9% 15.5% 29.6%
ロードカナロア 6- 1- 2- 6/ 15 40.0% 46.7% 60.0%
アドマイヤムーン 5- 9- 8- 73/ 95 5.3% 14.7% 23.2%
マツリダゴッホ 5- 4- 4- 78/ 91 5.5% 9.9% 14.3%
ディープブリランテ 4- 2- 3- 29/ 38 10.5% 15.8% 23.7%
トーセンファントム 4- 1- 2- 17/ 24 16.7% 20.8% 29.2%

ディープインパクトは出走数も飛び抜けて多いですが、勝率、連対率、複勝率のすべての面で高水準の成績を残しています。
新種牡馬のロードカナロアが好成績を残していることには注意が必要です。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする