東京競馬場 ダート1400m

東京競馬場 ダート1400m

◆主な重賞レース

根岸ステークス(G3)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 30- 25- 34-458/547 5.5% 10.1% 16.3%
2枠 34- 28- 34-464/560 6.1% 11.1% 17.1%
3枠 38- 45- 37-444/564 6.7% 14.7% 21.3%
4枠 32- 34- 32-470/568 5.6% 11.6% 17.3%
5枠 37- 40- 41-452/570 6.5% 13.5% 20.7%
6枠 35- 30- 35-469/569 6.2% 11.4% 17.6%
7枠 40- 43- 32-453/568 7.0% 14.6% 20.2%
8枠 40- 42- 41-447/570 7.0% 14.4% 21.6%

あまり枠順による差は大きくないように感じられますが、連対率を見ると外枠が多少有利なようにも感じられます。
比較的直線の長いコースですから、スタート直後の位置取り争いもそれほど無理せず決まるのかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 35- 38- 21- 192/ 286 12.2% 25.5% 32.9%
平地・先行 122- 120- 114- 723/1079 11.3% 22.4% 33.0%
平地・中団 88- 88- 99-1395/1670 5.3% 10.5% 16.5%
平地・後方 41- 41- 52-1340/1474 2.8% 5.6% 9.1%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

比較的最後の直線が長いコース形態なのですが、中団・後方はあまり成績が良くありません。
逃げ・先行がほぼ同じ戦績ですから、比較的前で競馬する馬が有利といえると思われます。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
キングカメハメハ 18- 13- 12- 96/139 12.9% 22.3% 30.9%
ゴールドアリュール 17- 12- 10-120/159 10.7% 18.2% 24.5%
クロフネ 15- 14- 9-123/161 9.3% 18.0% 23.6%
ダイワメジャー 10- 7- 7-103/127 7.9% 13.4% 18.9%
エンパイアメーカー 10- 6- 5- 73/ 94 10.6% 17.0% 22.3%
キンシャサノキセキ 9- 10- 7- 86/112 8.0% 17.0% 23.2%
パイロ 9- 8- 9- 91/117 7.7% 14.5% 22.2%
カネヒキリ 9- 4- 3- 71/ 87 10.3% 14.9% 18.4%
サウスヴィグラス 8- 9- 8-137/162 4.9% 10.5% 15.4%
プリサイスエンド 6- 12- 7- 77/102 5.9% 17.6% 24.5%
ヴァーミリアン 6- 6- 8- 43/ 63 9.5% 19.0% 31.7%
スウェプトオーヴァーボード 6- 2- 4- 70/ 82 7.3% 9.8% 14.6%
フレンチデピュティ 5- 10- 4- 58/ 77 6.5% 19.5% 24.7%
シニスターミニスター 5- 7- 7- 51/ 70 7.1% 17.1% 27.1%
カジノドライヴ 5- 5- 7- 34/ 51 9.8% 19.6% 33.3%
メイショウボーラー 5- 4- 6- 73/ 88 5.7% 10.2% 17.0%
ダノンシャンティ 5- 1- 2- 30/ 38 13.2% 15.8% 21.1%

現役時代にダート戦で好成績を残した馬や輸入種牡馬が好成績を残しているようです。
まだ出走数は少ないですが、芝の短距離戦で好成績を残したキンシャサノキセキの仔が連対率、複勝率が高くなっていることは注目に値すると思われます。