新潟競馬場 芝1000m

新潟競馬場 芝1000m

◆主な重賞レース

アイビスサマーダッシュ(G3)

◆過去3年(2014年初~2016年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 4- 5- 1-125/135 3.0% 6.7% 7.4%
2枠 6- 7- 5-120/138 4.3% 9.4% 13.0%
3枠 6- 4- 7-124/141 4.3% 7.1% 12.1%
4枠 6- 8- 4-126/144 4.2% 9.7% 12.5%
5枠 8- 4- 5-129/146 5.5% 8.2% 11.6%
6枠 7- 12- 14-113/146 4.8% 13.0% 22.6%
7枠 15- 17- 17-131/180 8.3% 17.8% 27.2%
8枠 22- 17- 21-125/185 11.9% 21.1% 32.4%

圧倒的に6枠から外の成績が良くなっており、その中でも8枠の成績の良さが群を抜いています。
スタート直後からあまり荒れていない外を通れることが有利にレースを運べる原因だと思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 27- 11- 9- 68/ 115 23.5% 33.0% 40.9%
平地・先行 20- 26- 26- 157/ 229 8.7% 20.1% 31.4%
平地・中団 24- 28- 29- 411/ 492 4.9% 10.6% 16.5%
平地・後方 3- 9- 10- 356/ 378 0.8% 3.2% 5.8%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

中央競馬での最短距離の1000mコースですし、全くコーナーのない直線コースということもあって、前で競馬する馬が圧倒的に有利となっています。
さすがに中団以降から追い込むことはスピードが相当勝る馬でもかなり厳しいのだと思います。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
サクラバクシンオー 6- 2- 0-40/48 12.5% 16.7% 16.7%
ヨハネスブルグ 5- 7- 2-14/28 17.9% 42.9% 50.0%
キンシャサノキセキ 5- 2- 1-24/32 15.6% 21.9% 25.0%
アドマイヤムーン 4- 5- 1-30/40 10.0% 22.5% 25.0%
ショウナンカンプ 3- 3- 0-22/28 10.7% 21.4% 21.4%
グラスワンダー 3- 0- 5-15/23 13.0% 13.0% 34.8%
クロフネ 3- 0- 4-10/17 17.6% 17.6% 41.2%
オレハマッテルゼ 3- 0- 1-20/24 12.5% 12.5% 16.7%

短距離馬を多数輩出しているサクラバクシンオーやキンシャサノキセキといったところが上位を占めるのが特徴的だと思います。
やはり父が短距離馬だと仔も短距離が得意な傾向があるのだと思います。

人気ブログランキング

応援お願いします!


競馬ランキング

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




フォローする