札幌競馬場 芝1800m

札幌競馬場 芝1800m

◆主な重賞レース

クイーンステークス(G3)
札幌2歳ステークス(G3)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 3- 5- 9- 38/ 55 5.5% 14.5% 30.9%
2枠 9- 7- 6- 33/ 55 16.4% 29.1% 40.0%
3枠 6- 7- 6- 53/ 72 8.3% 18.1% 26.4%
4枠 7- 8- 11- 51/ 77 9.1% 19.5% 33.8%
5枠 6- 9- 6- 65/ 86 7.0% 17.4% 24.4%
6枠 9- 3- 11- 70/ 93 9.7% 12.9% 24.7%
7枠 7- 10- 5- 78/100 7.0% 17.0% 22.0%
8枠 8- 6- 1- 85/100 8.0% 14.0% 15.0%

勝率は2枠が高くなっていますが、複勝率を見ると、内枠が圧倒的に有利で、外枠が不利な状況が見て取れます。
1コーナーまでの距離が非常に短い平坦小回りのコース形態ですから、そのような傾向が出ているのかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 6- 5- 13- 33/ 57 10.5% 19.3% 42.1%
平地・先行 34- 28- 19-110/191 17.8% 32.5% 42.4%
平地・中団 8- 17- 15-165/205 3.9% 12.2% 19.5%
平地・後方 4- 4- 7-156/171 2.3% 4.7% 8.8%
平地・マクリ 3- 1- 1- 6/ 11 27.3% 36.4% 45.5%

逃げ・先行が圧倒的に有利となっています。
やはり、平坦小回りのコース形態が効いているのだと思います。
最後の直線も短くなっているので、中団・後方はかなり厳しく、後ろの馬でも捲れないと厳しい結果になっています。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ハービンジャー 6- 4- 5-28/43 14.0% 23.3% 34.9%
キングカメハメハ 6- 4- 3-26/39 15.4% 25.6% 33.3%
ディープインパクト 5- 3- 4-12/24 20.8% 33.3% 50.0%
ハーツクライ 4- 2- 2-28/36 11.1% 16.7% 22.2%
アドマイヤムーン 3- 1- 3- 9/16 18.8% 25.0% 43.8%
ジャングルポケット 3- 1- 0-13/17 17.6% 23.5% 23.5%
クロフネ 3- 0- 0- 9/12 25.0% 25.0% 25.0%
ステイゴールド 2- 7- 1-22/32 6.3% 28.1% 31.3%
ネオユニヴァース 2- 1- 1-13/17 11.8% 17.6% 23.5%
スクリーンヒーロー 2- 1- 0- 8/11 18.2% 27.3% 27.3%
ヴィクトワールピサ 2- 0- 1-10/13 15.4% 15.4% 23.1%

出走数が少ないため、1着馬は5頭となっていますが、ディープインパクトが複勝率50%と優秀な成績を残しています。
勝率が最も高いのはクロフネとなっていますが、やはりディープインパクトが非常に強い結果になっています。