第24回 平安ステークス 予想&結果

平成29年5月20日
京都競馬場 G3 第24回 平安ステークス ダート1900m

◎ 15 グレンツェント
○ 4 クリソライト
▲ 5 ピオネロ
△ 9 グレイトパール
× 11 ロンドンタウン

京都競馬場ではG3の平安ステークスが行われます。
数少ない中央ダート重賞ですので、本気度も違ってくると思います。
個人的にも地方交流重賞よりも格上と感じてしまいます。

◎印は15 グレンツェント。
前走のG3のアンタレスステークスでは圧倒的な1番人気を誇っていたのですが、0.6秒差9着と惨敗でした。
3か月の休養明けだったのですが、少し太め残りだったことも敗因の一つだそうです。
実際には馬体重は-6kgだったので今ひとつよく分からないところではあります。
ただ、そのレースと芝を走った新馬戦を除けば、常に3着以内に入っている馬です。
すでに重賞も2勝していますし、休養明けを叩かれて、今回は実力を発揮してくれると思います。

○印は4 クリソライト。
この馬もすでに7歳ですが、まだまだ元気です。
前走の船橋の交流G2のダイオライト記念では2着馬に1.3秒差をつける快勝。
G1でこそ大きく負けていますが、G3なら十分に通用すると思われます。
昨年のこのレースは7 アスカノロマンの0.8秒差3着と少し引き離された負けなのは気になるところです。
特に7 アスカノロマンには印を打たなかったので、多少気がかりな点にはなっています。

▲印は5 ピオネロ。
まだ重賞勝ちはありませんが、ダートに変わってから掲示板を外したのはG2の東海ステークスの0.4秒差6着のみです。
それ以外は、ダートにおいてはG3のシリウスステークスも含めて常に3着以内に入っています。
常に勝利馬からは0.4秒差以内の惜しいレースを続けていますし、このあたりで勝ってもおかしくないと思っています。

△印は9 グレイトパール。
ダートに変わってからまだ負け無しとダートには非常に強いと思われる馬です。
初の重賞挑戦ですが、あっさり勝つことも考えられますが、やはり歴戦の猛者には一日の長があるのではと思います。
ここでどのようなレースができるかによって、今後の期待値が変わると思います。
京都競馬場ダート1900mは3戦しているのですが、良馬場で行われたレースではタイムが今ひとつと思っている面もあります。
時計が早くなったときに対応出来るかも勝負の鍵だと思います。

×印は11 ロンドンタウン。
前走のG3のアンタレスステークスでは、0.3秒差2着となっており、このレース出走馬の中では最先着となっています。
まだ地方交流G3でしか重賞勝ちはありませんが、大きく負けることも少ない馬なので、ここでも好走してくれるものと期待しています。

【結果】
1着 △  9 グレイトパール
2着 ○  4 クリソライト
3着    1 マイネルバイカ
4着 ▲  5 ピオネロ
5着   16 ケイティブレイブ

1着は1番人気の9 グレイトパールでした。
2着に0.7秒差をつけての好タイムでの快勝で、ダート転向後無傷の5連勝となったこともあって、今後が非常に楽しみになりました。
3着の15番人気の1 マイネルバイカは完全に想定外でした。
時折激走すると考えるしかないのでしょうけれども、どうすれば残せるのか日々悩ましいところです。

人気ブログランキング

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする