第51回 小倉大賞典 予想&結果

平成29年2月19日
小倉競馬場 G3 第51回 小倉大賞典 芝1800m

◎ 8 ベルーフ
○ 6 マイネルハニー
▲ 12 フルーキー
△ 9 パドルウィール
× 10 ケイティープライド

小倉競馬場ではG3の小倉大賞典が行われます。
地方場所の重賞とはいえ、なかなかのメンバーが揃っている上に、ハンデ戦なので、非常に難しい予想になっていると思います。

◎印は8 ベルーフ。
ハンデは昨年より1kg増えて57kgとなっています。
この1年間に好走を続けてきた結果だと思っていますので、斤量に負けず頑張ってほしいです。
ただ、小倉競馬場では2000mの小倉記念では2戦2着2回となっているのに対し、1800mの小倉大賞典では6着1回となっています。
本来ならば2000mの方が良いのかもしれません。
それでも前走のチャレンジカップでは1800mをタイム差無しの2着と好走しています。
そのレースの1着馬は○印を打った6 マイネルハニーだったのですが、今回は斤量差が2kgから1kgと減っているので、逆転まで可能だと思っています。

○印は6 マイネルハニー。
前走の京都金杯は1600m戦で早い時計での決着でしたから、この馬にとっては厳しかったようです。
前々走は先ほども書いたように1800mのチャレンジカップで優勝しています。
前で競馬する馬ですので、平坦小回りの小倉競馬場は向いているのではないかと思っています。
また、距離では同じ1800mのスプリングステークスでも2着に入っていますので、この距離は比較的得意にしているのではないかと思っています。

▲印は12 フルーキー。
重賞では一昨年のチャレンジカップで優勝しただけなのですが、それ以外でも好走を続けているところを見込まれての重いハンデだと思います。
しかし、このレースは思っているほどハンデによって影響が出るとは思えないので、素直に実績を評価してこの印にしてみました。
この馬の前走もチャレンジカップでハンデは今回と同じ57.5kgでした。
そのレースでは、クビ、頭、クビという着差で0.1秒差4着。
この馬もハンデ差が1kg減りますので、6 マイネルハニーとの逆転は期待できるかもしれません。
ただ、2着だった8 ベルーフとは斤量差が変わっていないので、難しいところかもしれないとは思っています。

△印は9 パドルウィール。
この馬の前走は中京競馬場芝2000mの金鯱賞。
このレースではタイム差無しの2着に入っているのですが、負けた相手は有馬記念4着のヤマカツエースでした。
それを考慮すると、実力的には上位陣と遜色ないような気がします。
しかし、現実論では、1600万下を勝ちきれず、格上挑戦での2着ですから、少し不安は大きいです。
正直なところ、中京競馬場の1000万下でレコード勝ちをしているように、中京競馬場のスペシャリストなだけかもしれないとも思っています。

×印は10 ケイティープライド。
結局、チャレンジカップの1着から4着にはすべて印を打っているような状態で、この馬はそのレースでは3着入線。
ハンデもこのレースと変わらず52kgですから、特に問題があるとも考えられません。
昨年の小倉大賞典も出走しており、その時のハンデも今回と同じで52kgでした。
結果も0.1秒差4着となっておりますので、小倉競馬場を苦手としていることもなく、比較的人気薄にも関わらず、好走が期待できるかと思っています。

【結果】
1着    7 マルターズアポジー
2着   14 ヒストリカル
3着   11 クラリティスカイ
4着   16 ロードヴァンドール
5着    2 ストロングタイタン

1着は4番人気の7 マルターズアポジーが逃げ切り勝ち。
前走の有馬記念でキタサンブラックとやり合った経験が生きたのでしょうか?
私の予想としては酷い状態でした。
5着以内に印を打った馬が来ないだけでなく、下位5頭の中に印を打った馬が4頭という惨敗でした。
正直なところ、敗因を分析して次に生かすところまでも行かないような気がします。

人気ブログランキング

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする