第52回 デイリー杯クイーンカップ 過去10年のデータ分析

平成29年2月11日
東京競馬場 G3 第52回 デイリー杯クイーンカップ 芝1600m

◆過去10年の優勝馬

H28 メジャーエンブレム
H27 キャットコイン
H26 フォーエバーモア
H25 ウキヨノカゼ
H24 ヴィルシーナ
H23 ホエールキャプチャ
H22 アプリコットフィズ
H21 ディアジーナ
H20 リトルアマポーラ
H19 イクスキューズ

昨年のメジャーエンブレムを始めとしてG1馬を多数輩出しているレースです。
今年も多数の馬がエントリーしていて、今後の活躍が期待できる馬が出てくるかもしれません。

◆過去10年のデータ分析

枠番としてはあまり傾向は見えないのですが、4枠は鬼門になっているようで、0-0-0-20と惨敗です。
その隣の3枠は4-1-1-13、5枠は3-2-2-13となっているのとは全く対照的なのですが、この2つの枠の間に入っている4枠がここまで成績が悪い理由は分かりません。
その他の枠は1着や2着がそこそこでているので、あまり枠順は気にしなくても良いと思われます。

脚質では、逃げ・先行が7-2-4-36、中団・後方が3-8-7-91となっています。
勝ち馬は前で競馬が出来る馬が多いのですが、2着3着は後ろから差してくる馬が多くなっています。
絶対数が違うので、連対率・複勝率は前の馬が勝るのですが、実際に入線してくるのは後ろの馬が多くなっているので要注意だと思われます。

単勝人気では5番人気までで10-7-7-26となっていて、比較的素直に決まっていると言えると思います。
3歳牝馬の戦いですから、もっと荒れる印象もあったのですが、大きく狙っても良い結果にならないことは多いと言えます。
ただ、8番人気が0-1-2-7となっているなど、複勝率では高くなっている人気薄もありますので、絶対視は禁物です。
単勝オッズでは9.9倍以下が9-6-5-15となっています。
これからもそれほど大きく荒れるわけではないことが分かると思います。

前走の着順では1着から3着だった馬が9-6-6-67となっています。
前走で大きく負けている馬は割引と考えて良さそうです。

ここまでのキャリアは5戦までの馬で8-10-9-88となっています。
6戦以上の馬がそれほど多いわけではありませんが、あまりにも出走数が多い馬は割引と考えて良さそうです。
ちなみに勝ち馬は2戦と3戦の馬が3頭ずつ、2着馬は4戦の馬が5頭、3着馬は4戦の馬が3頭というのが最多頭数になっています。

人気ブログランキング

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする