第66回 日刊スポーツ賞中山金杯 予想&結果

平成29年1月5日
中山競馬場 G3 第66回 日刊スポーツ賞中山金杯 芝2000m

◎ 3 ツクバアズマオー
○ 10 ストロングタイタン
▲ 8 マイネルフロスト
△ 2 クラリティスカイ
× 12 シャドウパーティー

中山競馬場ではG3の中山金杯が開催されます。
今年最初の重賞レースということですので、気合いが入りますね。
ただ、G3ということもあると思うのですが、メンバーが今ひとつのような気がします。
それでもハンデ戦ですから、ゴール前の叩き合いが見たいところです。

◎印は3 ツクバアズマオー。
昨年は掲示板を外したことがない堅実さが魅力です。
中山競馬場でも多数レースをしていて、中山芝コースでは4-2-2-4、中山芝2000mでは3-2-0-1という成績の中山巧者。
飛び抜けた馬がいないので、ここでは勝ち負け出来るのではないかと思います。

○印は10 ストロングタイタン。
500万下、1000万下、1600万下と3連勝中の上がり馬。
長期休養明け以降は3-1-0-0と好調で、じっくりと待った甲斐があって、本格化してきたのではないかと思っています。
ここでも好走できれば、今後が楽しみになりますね。
また、ハンデも54kgと軽いところも魅力の一つです。

▲印は8 マイネルフロスト。
昨年の成績は今ひとつなのですが、同じ中山競馬場のAJCCで2年連続4着があり、昨年のこのレースでは同じ斤量57kgで2着に入っています。
そのため、この馬も中山競馬場を得意としているのではないかと思います。
前走も中山競馬場芝2000mのオープン特別に出走しており、着順こそ7着ですが、タイム差は0.3秒と大きく負けていないので、ここでも好勝負が期待できるのではないかと思います。

△印は2 クラリティスカイ。
過去データでは好調な2枠の馬です。
先ほどの8 マイネルフロストも好調な6枠の馬でしたね。
この馬は中山競馬場では弥生賞や皐月賞に出走していて、それぞれ6着と5着。
それほど中山競馬場を得意としているとも思えないのですが、G1の皐月賞で5着の実績は切り難いです。
また、この馬はG1のNHKマイルカップを勝っているためと思われますが、斤量は57.5kgとトップハンデ。
過去データでは、斤量はそれほど問題ではないと出ていますが、多少不安な点です。

×印は12 シャドウパーティー。
過去データでは実績を出せていない8歳馬ですが、この馬も中山巧者と思われます。
中山競馬場芝コースでは3-2-0-3、中山競馬場芝2000mでは2-1-0-1となかなかの好成績。
人気もあまりなく斤量は54kgと軽めですから一発に期待したいところです。
ただ、この馬は、これまた実績の出ていない8枠に入ってしまっています。
過去データからは厳しい感じはありますね。

【結果】
1着 ◎  3 ツクバアズマオー
2着 △  2 クラリティスカイ
3着    1 シャイニープリンス
4着 × 12 シャドウパーティー
5着    9 カムフィー

1着は◎印を打った3 ツクバアズマオーが入ってくれました。
とりあえず幸先の良いスタートになったと思いたいところです。
しかし、10 ストロングタイタンや8 マイネルフロストといったところは惨敗。
まだまだ頑張らないとと思っています。

人気ブログランキング

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする