第40回 新潟大賞典 予想&結果

2018年5月6日
新潟競馬場 G3 第40回 新潟大賞典 芝2000m(外)

◎ 13 ステファノス
○ 10 トリオンフ
▲ 1 スズカデヴィアス
△ 8 ハクサンルドルフ
× 7 カレンラストショー

新潟競馬場ではG3の新潟大賞典が行われます。
ローカル競馬場のG3ですが、有力馬の参戦もあり、面白い一戦になりそうです。
比較的荒れやすいハンデ戦なので、そのあたりが予想の難しいところだと思います。

◎印は13 ステファノス。
海外遠征後初戦、5か月休養明け、トップハンデとクリアすべきハードルは高いと思います。
それでもG1で2着や3着には入れる実力はこのメンバーならトップクラスと思います。
トップハンデと言っても58kgとG1では背負い慣れている斤量ですから、克服可能だと思っています。

○印は10 トリオンフ。
2走前に初重賞制覇後、前走はG1の大阪杯に挑戦して、1.0秒差8着と惨敗。
まだ中央のG1では厳しいかもしれません。
ただ、今回はローカルのG3、初めての左回りが気になるところですが、コーナーは2回ですから。それほど気にしなくても良いかもしれません。
大阪杯までは安定した走りを見せていましたので、その調子が持続していれば、ここでなら上位争いも可能だと思います。

▲印は1 スズカデヴィアス。
まだ重賞での勝利がないのは少し残念ですが、ローカル競馬場での重賞であれば、上位争いを演じてきています。
前走も小倉大賞典で3着に入っており、その時の勝ち馬だった10 トリオンフとは、今回ハンデが逆転しています。
10 トリオンフが3kg増、この馬が同ハンデであれば、逆転まで可能かなと思っています。

△印は8 ハクサンルドルフ。
後ろから競馬する馬で、最後はきっちりと伸びてくる脚を使えるので、この馬を選択してみました。
最後の直線が非常に長い新潟競馬場であれば、その末脚が爆発すれば怖い存在だと思っています。
左回りでの好成績も多いですし、上位進出可能だと思っています。

×印は7 カレンラストショー。
×印は人気薄をと思ったのですが、この馬は現在6番人気。
昨年1年を通して、条件戦ではありますが、常に3着以内に入る好走を続けてきました。
この馬は左回りに好成績が偏るサウスポーのようですし、前走1600万下を勝って迎えるこのレースですから、ハンデも54kgと軽く、上位陣に肉薄できればと思っています。
ただ、この馬は基本的に前で競馬する馬ですから、目標にされやすく、最後の直線で粘りきれるかが問題だと思っています。

【結果】
1着 ▲  1 スズカデヴィアス
2着   14 ステイインシアトル
3着    2 ナスノセイカン
4着 ○ 10 トリオンフ
5着    5 トーセンマタコイヤ

1着は1 スズカデヴィアスが入りました。
2着の14 ステイインシアトルは長期休養明けを気にして印は打てませんでしたが、よく走りましたね。
ペースを見るとかなりのスローだったようです。
これでは後ろからの馬はかなり厳しいですね。

人気ブログランキング

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする