第66回 日経賞 過去10年のデータ分析

2018年3月24日
中山競馬場 G2 第66回 日経賞 芝2500m

◆過去10年の優勝馬

2017年 シャケトラ
2016年 ゴールドアクター
2015年 アドマイヤデウス
2014年 ウインバリアシオン
2013年 フェノーメノ
2012年 ネコパンチ
2011年 トゥザグローリー
2010年 マイネルキッツ
2009年 アルナスライン
2008年 マツリダゴッホ

天皇賞(春)の前哨戦となる日経賞が中山競馬場で行われます。
ただ、本番との相性は今ひとつ良いとは言い切れず、少し残念な結果になっていることが多いです。

◆過去10年のデータ分析

○年齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳 4- 4- 3- 22/ 33 12.1% 24.2% 33.3%
5歳 3- 1- 3- 19/ 26 11.5% 15.4% 26.9%
6歳 2- 2- 2- 21/ 27 7.4% 14.8% 22.2%
7歳 1- 2- 2- 22/ 27 3.7% 11.1% 18.5%
8歳 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%

4歳が非常に好調な成績となっています。
それ以上の年齢でも若いほど成績が良くなっており、8歳以上は3着内に入る馬はいない結果になっています。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 2- 0- 7/11 18.2% 36.4% 36.4%
2枠 0- 0- 2-11/13 0.0% 0.0% 15.4%
3枠 0- 1- 0-15/16 0.0% 6.3% 6.3%
4枠 1- 1- 2-13/17 5.9% 11.8% 23.5%
5枠 2- 4- 1-11/18 11.1% 33.3% 38.9%
6枠 2- 2- 0-14/18 11.1% 22.2% 22.2%
7枠 1- 0- 3-15/19 5.3% 5.3% 21.1%
8枠 2- 0- 2-16/20 10.0% 10.0% 20.0%

勝率では1枠が良くなっており、複勝率では1枠と5枠が良くなっています。
逆にあまり良くないのが2枠と3枠ですが、1枠の好調さからすれば、理由は分かりにくいと思います。
その他は外枠までそれほど大きな差はないと思われます。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
平地・先行 5- 5- 4- 23/ 37 13.5% 27.0% 37.8%
平地・中団 3- 4- 5- 34/ 46 6.5% 15.2% 26.1%
平地・後方 0- 1- 1- 35/ 37 0.0% 2.7% 5.4%
平地・マクリ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%

先行の成績が非常に良くなっています。
中団も頑張っていますが、少し及ばない結果になっています。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4- 1- 1- 4/ 10 40.0% 50.0% 60.0%
2番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
3番人気 0- 1- 3- 6/ 10 0.0% 10.0% 40.0%
4番人気 3- 1- 1- 5/ 10 30.0% 40.0% 50.0%
5番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
6番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
7番人気 0- 2- 2- 6/ 10 0.0% 20.0% 40.0%
8番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1%
11番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 1- 0- 0- 7/ 8 12.5% 12.5% 12.5%
13番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気から7番人気程度までは大きく複勝率は変わらないようです。
さすがに勝率は1番人気が高くなっていますが、4番人気も強く、それほど飛び抜けた成績を収めているというわけではなさそうです。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 4- 0- 5- 18/ 27 14.8% 14.8% 33.3%
前走2着 2- 1- 1- 7/ 11 18.2% 27.3% 36.4%
前走3着 0- 2- 1- 4/ 7 0.0% 28.6% 42.9%
前走4着 1- 2- 1- 10/ 14 7.1% 21.4% 28.6%
前走5着 1- 1- 1- 1/ 4 25.0% 50.0% 75.0%
前走6~9着 1- 2- 0- 30/ 33 3.0% 9.1% 9.1%
前走10着~ 1- 2- 1- 32/ 36 2.8% 8.3% 11.1%

前走5着以上であれば大きく成績は変わらないようです。
さすがに6着以下に敗れている馬は少し成績が落ちるようです。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
有馬記念G1 3- 4- 2- 6/15 20.0% 46.7% 60.0%
アメリカG2 2- 2- 1-12/17 11.8% 23.5% 29.4%
日経新春HG2 2- 0- 2- 5/ 9 22.2% 22.2% 44.4%
京都記念G2 1- 3- 0- 7/11 9.1% 36.4% 36.4%
JCG1 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0%
ダイヤモHG3 1- 0- 2-13/16 6.3% 6.3% 18.8%
中山記念G2 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
ステイヤG2 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
小倉大賞HG3 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

3着内に入った馬の前走は重賞しかなく、特にG1の有馬記念やジャパンカップから向かってきた馬が好調です。
春に一叩きした馬も比較的好調と言えると思いますので、そのあたりから選択することが重要かと思います。

お気に召したら応援お願いします。

競馬ランキング

人気ブログランキング

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする