第32回 フラワーカップ 予想&結果

2018年3月17日
中山競馬場 G3 第32回 フラワーカップ 芝1800m

◎ 4 ロックディスタウン
○ 3 ノームコア
▲ 10 カンタービレ
△ 9 トーセンブレス
× 5 ノーブルカリナン

中山競馬場では桜花賞・オークスの前哨戦のG3のフラワーカップが行われます。
出走馬を見るとちょっと小粒な感じが否めませんが、オークスに花を添えるのはどの馬か期待が高まります。

◎印は4 ロックディスタウン。
最大のポイントは新馬戦で後にG1のホープフルステークスを勝つタイムフライヤーを退けていることだと思います。
順調にG3の札幌2歳ステークスも勝ち上がりましたが、1番人気に推された阪神ジュベナイルフィリーズでは精彩を欠く走りで9着惨敗。
それでも得意の距離の芝1800mに戻れば、期待は高まると思います。

○印は3 ノームコア。
半年の休養明けですが、これまで2戦2勝と無敗となっています。
芝1800mの新馬戦は0.6秒差の圧勝。
得意の距離であれば、久々でも十分に上位争いが可能な素質はあると思います。
前走は中山競馬場を走っていますので、コース慣れも期待できると思います。

▲印は10 カンタービレ。
とりあえずデムーロ騎手が乗ってくる馬は外せないということから選んでいる1頭です。
芝1600mでは2着2回と惜しい競馬が続いていましたが、芝1800mに距離延長した前走では0.5秒差の快勝。
距離が伸びて良くなるタイプかもしれません。
もともと先行抜け出し型ですが、最後までいい脚を使える馬なので、ここでも上位争いを期待したいと思います。

△印は9 トーセンブレス。
前走の阪神ジュベナイルフィリーズは上位3頭とは少し差のある4着。
ただ、その上位3頭はチューリップ賞でも1着から3着を独占。
阪神ジュベナイルフィリーズでは上がり3ハロンの脚は優勝したラッキーライラックと並んでトップタイ。
切れ味鋭い脚が使えれば、ここでも好勝負が可能だと思っています。

×印は5 ノーブルカリナン。
こちらもデムーロ騎手のお手馬ですが、今回は10 カンタービレが選ばれて勝浦正樹騎手に乗り替わり。
この馬も未勝利勝ちの後、オープン特別のエルフィンステークスでいったんは抜け出しての2着と力はあると思います。
勝ちにいっての2着なだけに価値があり、今回も積極的に動ければ活路が見いだされるかもしれません。

【結果】
1着 ▲ 10 カンタービレ
2着 △  9 トーセンブレス
3着 ○  3 ノームコア
4着    7 ウスベニノキミ
5着   12 ファストライフ

とりあえず1着から3着に印を打った馬が入ってくれました。
しかし、◎印を打った4 ロックディスタウンが最後全く伸びずに最下位。
4コーナーでは追っていないような雰囲気ではなかったので、怪我などではないと思いますが、よもやの惨敗となってしまいました。
理由はともあれ、立て直しが利くかどうかは牝馬なだけに心配です。

お気に召したら応援お願いします。

競馬ランキング

人気ブログランキング

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする