第52回 報知杯フィリーズレビュー 過去10年のデータ分析

2018年3月11日
阪神競馬場 G2 第52回 報知杯フィリーズレビュー 芝1400m

◆過去10年の優勝馬

2017年 カラクレナイ
2016年 ソルヴェイグ
2015年 クイーンズリング
2014年 ベルカント
2013年 メイショウマンボ
2012年 アイムユアーズ
2011年 フレンチカクタス
2010年 サウンドバリアー
2009年 ワンカラット
2008年 マイネレーツェル

桜花賞トライアルなのですが、1ハロン短いためか、ここでの優勝馬は桜花賞ではあまり活躍できていないようです。
やはり同コースとなるチューリップ賞組の方が1枚上手なのでしょうか?

◆過去10年のデータ分析

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2- 2- 0-16/20 10.0% 20.0% 20.0%
2枠 2- 0- 2-16/20 10.0% 10.0% 20.0%
3枠 1- 2- 1-16/20 5.0% 15.0% 20.0%
4枠 2- 0- 1-17/20 10.0% 10.0% 15.0%
5枠 0- 1- 2-17/20 0.0% 5.0% 15.0%
6枠 1- 1- 0-18/20 5.0% 10.0% 10.0%
7枠 0- 3- 3-17/23 0.0% 13.0% 26.1%
8枠 2- 1- 1-19/23 8.7% 13.0% 17.4%

1枠から4枠の勝率が高くなっており、1着馬は7頭出ています。
とはいえ、複勝率が一番高くなっているのは7枠であり、外枠が不利というわけでもなさそうです。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
平地・先行 4- 2- 4- 29/ 39 10.3% 15.4% 25.6%
平地・中団 0- 5- 1- 56/ 62 0.0% 8.1% 9.7%
平地・後方 6- 2- 3- 44/ 55 10.9% 14.5% 20.0%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

後方の勝率が高くなっており、短距離の内回りコースとしては珍しい傾向だと思います。
ただ、中団はあまり良くなく、前で競馬する逃げと先行は複勝率が高くなっています。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 3- 0- 5/ 10 20.0% 50.0% 50.0%
2番人気 2- 0- 2- 6/ 10 20.0% 20.0% 40.0%
3番人気 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0%
4番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
5番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
6番人気 1- 1- 2- 6/ 10 10.0% 20.0% 40.0%
7番人気 0- 2- 1- 7/ 10 0.0% 20.0% 30.0%
8番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
9番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
16番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気から3番人気程度までは比較的好走しやすいようですが、11番人気程度の中位の人気まではそれほど変わらないとも言えると思います。
比較的荒れやすい一戦と思われます。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 3- 3- 4- 49/ 59 5.1% 10.2% 16.9%
前走2着 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0%
前走3着 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
前走4着 2- 3- 2- 7/ 14 14.3% 35.7% 50.0%
前走5着 1- 2- 0- 9/ 12 8.3% 25.0% 25.0%
前走6~9着 1- 0- 2- 25/ 28 3.6% 3.6% 10.7%
前走10着~ 2- 1- 1- 31/ 35 5.7% 8.6% 11.4%

前走1着の出走数が多いため、上位に入ってくる馬は多いですが、勝率などはそれほど高くありません。
複勝率で見ると、5着以内であれば問題ないという感じですし、それ以下でも好走する馬は多いようです。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
阪神ジュG1 2- 3- 4-17/26 7.7% 19.2% 34.6%
エルフィ 2- 1- 1-14/18 11.1% 16.7% 22.2%
クイーンG3 1- 1- 1-14/17 5.9% 11.8% 17.6%
こぶし賞500* 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3%
菜の花賞500* 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
500万下・牝* 1- 0- 0-19/20 5.0% 5.0% 5.0%
万両賞500* 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
フューチG1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
春菜賞500* 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0%
クロッカ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
フェアリG3 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
若菜賞500* 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
500万下* 0- 0- 2-13/15 0.0% 0.0% 13.3%
ジュニア 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
はこべら500* 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

レースとしても阪神ジュベナイルフィリーズ組の複勝率は高いですが、前走500万下でもあまり大きく変わらないような気がします。
前走の格も無視できそうな雰囲気です。

お気に召したら応援お願いします。

競馬ランキング

人気ブログランキング

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする