第53回 京都牝馬ステークス 予想&結果

2018年2月17日
京都競馬場 G3 第53回 京都牝馬ステークス 芝1400m(外)

◎ 2 ワンスインナムーン
○ 8 ミスパンテール
▲ 10 デアレガーロ
△ 3 ソルヴェイグ
× 11 エンジェルフェイス

京都競馬場ではG3の京都牝馬ステークスが行われます。
ヴィクトリアマイルへ向けての始動戦とも言えると思いますが、寒い時期なのであまり無理せず頑張って欲しいと思います。

◎印は2 ワンスインナムーン。
海外遠征帰りというのが少し気になりますが、昨秋のスプリンターズステークス3着の実績は抜けた存在だと思います。
昨年のこのレースでは2着に入っていますし、コース適性も特に問題ないと思います。

○印は8 ミスパンテール。
前走ターコイズステークスでクビ差の優勝。
牝馬クラシック時はまだ未完成だったのか大きな負けが目立ちますが、近走は安定していると思います。
今回は前走よりも1F短い距離に対応できるかが鍵ですが、中団から差した2走前の走りができれば対応可能かと思っています。

▲印は10 デアレガーロ。
まだ7戦しかしていませんが4勝を挙げているので、力は十分にあると思います。
距離に関してはあまり問わないのかもしれませんが、現在のところはマイル以下で使われていくようです。
函館競馬場で芝1200mでの勝ち鞍がありますから、今回の芝1400mも十分に対応は可能だと思っています。

△印は3 ソルヴェイグ。
一昨年は函館スプリントステークスをレコード勝ちしたり、スプリンターズステークスで3着に入ったりとスプリンターとして開花した年でした。
昨年は重賞ではキーンランドカップの2着が最高位ですが、オープン特別では勝利もありますので、まだ十分力を発揮できる状態だと思います。
前走の京阪杯は9着に破れていますが、着差は大きくなく、いつでも僅差の争いをしているイメージがあり、展開がはまれば、上位進出は十分に考えられると思います。

×印は11 エンジェルフェイス。
前走で1年の休養明けを最低人気で勝っています。
今回もまだ人気はないようですが、休養中に身が入っていれば、十分に戦えるのではないかと選んでみました。初の芝1400mに一抹の不安はありますが、前走の芝1600mでハナを切れるスピードはありますから、十分対応可能かと思っています。

【結果】
1着 ○  8 ミスパンテール
2着 ▲ 10 デアレガーロ
3着   12 エスティタート
4着 × 11 エンジェルフェイス
5着 ◎  2 ワンスインナムーン

2 ワンスインナムーンの+13kgは特に問題ないと思ったのですが、最後伸びなかったですね。
やはり内より外の方が良かったのでしょうか?
12 エスティタートは残念ながら印は打っていませんでしたが、1度は1600万下を勝っている5番人気馬だったのですね。
近走からはちょっと厳しいかなと思っていました。

お気に召したら応援お願いします。

競馬ランキング

人気ブログランキング

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする