第22回 秋華賞 予想&結果

平成29年10月15日
京都競馬場 G1 第22回 秋華賞 芝2000m

◎ 14 ディアドラ
○ 1 アエロリット
▲ 2 ラビットラン
△ 7 リスグラシュー
× 8 カワキタエンカ

京都競馬場ではG1の秋華賞が行われます。
あいにくの天気となってしまい、全馬が実力を出し切れる状態ではないと思いますが、大きく崩れないことを祈りたいと思います。

◎印は14 ディアドラ。
前走はトライアルのG3の紫苑ステークスを優勝。
堂々の成績でここに向かってきましたし、これまでの経歴から馬場状態はあまり問わないと思いますので、有力候補の一角だと思います。
掲示板を外したのは桜花賞の6着のみで、そのタイム差は0.4秒かつ上がり3Fは最速タイムだったことを考えても、力量的にはトップクラスだと思います。
一夏超して、前哨戦を勝ち、パワーアップしているものと思います。

○印は1 アエロリット。
トライアルには出走せず、夏の札幌で行われたG3のクイーンステークス以来となります。
そのクイーンステークスは3歳馬で斤量に恵まれた面もありますが、2着馬に大きく差をつけた逃げ切り勝ち。
今日のレースで馬場が思った以上に悪化すれば、内枠の逃げ馬のこの馬が台頭すると思います。
もちろん、連対を外したのは桜花賞の5着のみ、かつ、矛先を変えて向かったNHKマイルカップは優勝していることから実力も兼ね備えていると思います。

▲印は2 ラビットラン。
前哨戦のローズステークスを優勝してここに向かってきました。
デビューから3走はダートでしたが、ここ2走は芝のレースとなっており、芝では2戦2勝。
目の覚めるような末脚を使う馬なので、出来れば良馬場の方が良かったのかもしれませんが、ダートでも走れることから、多少馬場が渋っても問題ないと思っています。
今回は内枠を引いているので、もしかしたらダートの時と同様に先行策を取るかもしれないとは思っています。

△印は7 リスグラシュー。
前哨戦のローズステークスは3着でしたが、一叩きして良化してくると思います。
阪神ジュベナイルフィリーズ2着、桜花賞2着、オークス5着とG1でも好成績を残しています。
ただ、なかなか勝ちきれないレースを続けていますので、ここでは大きな期待をすることは、ちょっとかわいそうかとも思います。
ただ、芝1800mの未勝利戦でレコード勝ちしていますし、オークスでも差して5着ですから、このレースの芝2000mくらいが適距離と思っています。

×印は8 カワキタエンカ。
前哨戦のローズステークスは2着になっている割には人気が無いなと思っています。
この馬がハナを切るレース展開になりそうな気がしますが、桜花賞もハナを切るレースで6着となっています。
やはり1000万下を勝ち切れていないので、少し厳しい面があるかもしれませんが、新馬戦で京都競馬場芝1800mの重馬場を勝利していますし、馬場が渋れば、最後の直線に坂がないこともあって、逃げ切り勝ちもあり得るかなと思っています。

【結果】
1着 ◎ 14 ディアドラ
2着 △  7 リスグラシュー
3着    4 モズカッチャン
4着 ▲  2 ラビットラン
5着 ×  8 カワキタエンカ

概ね予想どおりに上位に入ってくれたのですが、3着の4 モズカッチャンは無印にしていました。
前哨戦のローズステークスで0.7秒差7着と敗れていたためですが、フローラステークス優勝、オークス2着の実績はやはり本物でしたね。
最後まで悩んで5頭を決めたときに、最後に落とした馬でしたので、少し残念です。

人気ブログランキング

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする