第63回 産経賞オールカマー 過去10年のデータ分析

平成29年9月24日
中山競馬場 G2 第63回 産経賞オールカマー 芝2200m

◆過去10年の優勝馬

H28 ゴールドアクター
H27 ショウナンパンドラ
H26 マイネルラクリマ
H25 ヴェルデグリーン
H24 ナカヤマナイト
H23 アーネストリー
H22 シンゲン
H21 マツリダゴッホ
H20 マツリダゴッホ
H19 マツリダゴッホ

このレースは秋のG1戦線を占う上でも注目の一戦です。
天皇賞(秋)の優先出走権を勝ち取るためのレースでもありますが、そこからの長距離G1の3連戦に続く重要なレースに位置付けられていると思います。

◆過去10年のデータ分析

○馬齢

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
4歳 3- 3- 2- 17/ 25 12.0% 24.0% 32.0%
5歳 3- 4- 4- 37/ 48 6.3% 14.6% 22.9%
6歳 3- 3- 1- 22/ 29 10.3% 20.7% 24.1%
7歳 1- 0- 3- 16/ 20 5.0% 5.0% 20.0%
8歳 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%

さすがに3歳の有力馬は菊花賞トライアルや秋華賞トライアルに向かいますので参戦は少ないです。
8歳馬にもなると成績は落ちますが、4歳から7歳までは複勝率ではほぼ互角ですが、多少4歳馬が優勢かと思われます。

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 2- 0-12/14 0.0% 14.3% 14.3%
2枠 1- 2- 2-11/16 6.3% 18.8% 31.3%
3枠 1- 3- 2-11/17 5.9% 23.5% 35.3%
4枠 0- 0- 1-16/17 0.0% 0.0% 5.9%
5枠 2- 1- 3-12/18 11.1% 16.7% 33.3%
6枠 2- 2- 1-13/18 11.1% 22.2% 27.8%
7枠 3- 0- 0-17/20 15.0% 15.0% 15.0%
8枠 1- 0- 1-19/21 4.8% 4.8% 9.5%

かなり特殊な形状をしたコースですが、4枠、8枠の成績が今ひとつといった感じです。
4枠に関しては隣の3枠と5枠は好走している馬が多いので、特に問題があって成績が悪いようには感じられません。
8枠はやはり外を回されるのが不利になるのかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
平地・先行 7- 3- 3- 23/ 36 19.4% 27.8% 36.1%
平地・中団 2- 6- 7- 38/ 53 3.8% 15.1% 28.3%
平地・後方 0- 0- 0- 41/ 41 0.0% 0.0% 0.0%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

脚質は先行が圧倒的に有利となっており、7勝をあげています。
次いで中団となっており、1着は少ないまでも2着に6頭入っており、十分勝負になると思われます。

○単勝人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4- 3- 1- 2/ 10 40.0% 70.0% 80.0%
2番人気 2- 1- 2- 5/ 10 20.0% 30.0% 50.0%
3番人気 2- 1- 0- 7/ 10 20.0% 30.0% 30.0%
4番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
5番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
6番人気 0- 2- 3- 5/ 10 0.0% 20.0% 50.0%
7番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
8番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
10番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
13番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

やはり1番人気と2番人気の成績は6-4-3-7となっており、非常に良くなっています。
それ以下の人気では7番人気までが複数の3着以内の成績がありますので、注意が必要かと思われます。

○前走着順

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 1- 2- 1- 13/ 17 5.9% 17.6% 23.5%
前走2着 1- 0- 2- 14/ 17 5.9% 5.9% 17.6%
前走3着 2- 0- 1- 2/ 5 40.0% 40.0% 60.0%
前走4着 0- 2- 2- 9/ 13 0.0% 15.4% 30.8%
前走5着 1- 2- 3- 9/ 15 6.7% 20.0% 40.0%
前走6~9着 3- 2- 1- 29/ 35 8.6% 14.3% 17.1%
前走10着~ 2- 2- 0- 35/ 39 5.1% 10.3% 10.3%

前走の着順では大きな差は見受けられません。
前走が10着以下の大敗でも1着2頭2着2頭と好走例が見受けられます。

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
宝塚記念G1 3- 4- 1- 6/14 21.4% 50.0% 57.1%
札幌記念G2 3- 1- 2- 9/15 20.0% 26.7% 40.0%
七夕賞HG3 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0%
天皇賞春G1 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3%
天皇賞秋G1 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
新潟大賞HG3 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
小倉記念HG3 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
ヴィクトG1 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
キーンラG3 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
新潟記念HG3 0- 0- 2-18/20 0.0% 0.0% 10.0%
札幌日経 0- 0- 2- 7/ 9 0.0% 0.0% 22.2%
目黒記念HG2 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
エプソムG3 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
中日新聞HG3 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

やはり前走がG1の宝塚記念や天皇賞(春)、夏場開催のG2の札幌記念といった馬が上位に入ってきやすいようですから、レースの格が問題で着順はあまり重要ではないのかもしれません。

人気ブログランキング

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする