小倉競馬場 芝1200m

小倉競馬場 芝1200m

◆主な重賞レース

北九州記念(G3)
小倉2歳ステークス(G3)

◆過去3年(2014年初~2016年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 17- 25- 25-295/362 4.7% 11.6% 18.5%
2枠 29- 19- 15-309/372 7.8% 12.9% 16.9%
3枠 26- 29- 17-306/378 6.9% 14.6% 19.0%
4枠 26- 22- 28-307/383 6.8% 12.5% 19.8%
5枠 26- 25- 30-316/397 6.5% 12.8% 20.4%
6枠 26- 21- 33-326/406 6.4% 11.6% 19.7%
7枠 37- 40- 33-431/541 6.8% 14.2% 20.3%
8枠 29- 33- 32-463/557 5.2% 11.1% 16.9%

1枠と8枠の勝率が多少低くなっていますが、それほど大きな差は無いと言えると思います。
やはり最初の3コーナーまでの距離が長いため、それほど大きな問題にはなりにくいのだと思います。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 43- 28- 15- 128/ 214 20.1% 33.2% 40.2%
平地・先行 109- 113- 91- 492/ 805 13.5% 27.6% 38.9%
平地・中団 53- 61- 82-1164/1360 3.9% 8.4% 14.4%
平地・後方 11- 11- 23- 968/1013 1.1% 2.2% 4.4%
平地・マクリ 0- 1- 2- 0/ 3 0.0% 33.3% 100.0%

圧倒的に、逃げと先行が有利なことが分かるかと思います。
やはりローカルの平坦小回りの競馬場では前につけた馬が有利だと言えると思います。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
サクラバクシンオー 15- 9- 4- 65/ 93 16.1% 25.8% 30.1%
ダイワメジャー 14- 18- 14-124/170 8.2% 18.8% 27.1%
アドマイヤムーン 12- 8- 8- 84/112 10.7% 17.9% 25.0%
マツリダゴッホ 7- 6- 2- 44/ 59 11.9% 22.0% 25.4%
キンシャサノキセキ 6- 9- 8- 51/ 74 8.1% 20.3% 31.1%
ディープインパクト 6- 6- 3- 83/ 98 6.1% 12.2% 15.3%
スクワートルスクワート 6- 1- 1- 31/ 39 15.4% 17.9% 20.5%
ヨハネスブルグ 5- 2- 7- 43/ 57 8.8% 12.3% 24.6%
ゴールドアリュール 5- 1- 0- 24/ 30 16.7% 20.0% 20.0%
タイキシャトル 4- 6- 9- 48/ 67 6.0% 14.9% 28.4%
キングカメハメハ 4- 6- 8- 69/ 87 4.6% 11.5% 20.7%
オレハマッテルゼ 4- 6- 5- 34/ 49 8.2% 20.4% 30.6%
スウェプトオーヴァーボード 4- 4- 2- 51/ 61 6.6% 13.1% 16.4%
キングヘイロー 4- 4- 2- 32/ 42 9.5% 19.0% 23.8%
マンハッタンカフェ 4- 3- 3- 33/ 43 9.3% 16.3% 23.3%
マイネルラヴ 4- 3- 1- 26/ 34 11.8% 20.6% 23.5%
メイショウボーラー 4- 2- 4- 62/ 72 5.6% 8.3% 13.9%
ジャングルポケット 4- 2- 3- 46/ 55 7.3% 10.9% 16.4%
ブラックタイド 4- 1- 8- 36/ 49 8.2% 10.2% 26.5%
フジキセキ 4- 1- 4- 33/ 42 9.5% 11.9% 21.4%
ゼンノロブロイ 4- 0- 1- 54/ 59 6.8% 6.8% 8.5%

やはり短距離ではサクラバクシンオーが強いです。
その他ではキンシャサノキセキが上位に来ていますので、やはり短距離に強かった種牡馬が上位に来やすいと言えると思います。

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする