阪神競馬場 芝2000m

阪神競馬場 芝2000m

◆主な重賞レース

大阪杯(G1)
鳴尾記念(G3)
マーメイドステークス(G3)
チャレンジカップ(G3)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 12- 7- 9-105/133 9.0% 14.3% 21.1%
2枠 13- 11- 14-105/143 9.1% 16.8% 26.6%
3枠 13- 17- 10-115/155 8.4% 19.4% 25.8%
4枠 10- 11- 19-120/160 6.3% 13.1% 25.0%
5枠 17- 15- 14-125/171 9.9% 18.7% 26.9%
6枠 13- 14- 21-141/189 6.9% 14.3% 25.4%
7枠 22- 19- 11-147/199 11.1% 20.6% 26.1%
8枠 12- 16- 13-166/207 5.8% 13.5% 19.8%

勝率、連対率はは7枠が比較的高くなっています。
しかし、それほど大きく他の枠とは変わりませんので、実態としては枠順による有利不利はあまりないものと考えて良さそうです。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 19- 11- 12- 72/ 114 16.7% 26.3% 36.8%
平地・先行 49- 47- 46- 245/ 387 12.7% 24.8% 36.7%
平地・中団 35- 38- 35- 348/ 456 7.7% 16.0% 23.7%
平地・後方 8- 11- 17- 348/ 384 2.1% 4.9% 9.4%
平地・マクリ 1- 3- 1- 11/ 16 6.3% 25.0% 31.3%

逃げの成績が良くなっています。
とはいえ、逃げと先行では大きな差は見られませんので、前で競馬をする馬が有利にレースを運んでいるということだと思います。
比較的中団も良好な成績を残していますが、後方は壊滅的な成績になっています。
内回りコースですから、最後の追い込みが効きにくいのかもしれません。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 21- 21- 11- 87/140 15.0% 30.0% 37.9%
キングカメハメハ 12- 11- 9- 61/ 93 12.9% 24.7% 34.4%
ステイゴールド 9- 5- 4- 54/ 72 12.5% 19.4% 25.0%
ハーツクライ 8- 13- 8- 63/ 92 8.7% 22.8% 31.5%
ハービンジャー 8- 8- 15- 53/ 84 9.5% 19.0% 36.9%
マンハッタンカフェ 5- 8- 10- 35/ 58 8.6% 22.4% 39.7%
メイショウサムソン 4- 3- 1- 34/ 42 9.5% 16.7% 19.0%
ルーラーシップ 4- 2- 1- 13/ 20 20.0% 30.0% 35.0%
ヴィクトワールピサ 3- 3- 1- 20/ 27 11.1% 22.2% 25.9%
ゼンノロブロイ 3- 0- 5- 32/ 40 7.5% 7.5% 20.0%
ダイワメジャー 2- 4- 4- 15/ 25 8.0% 24.0% 40.0%
ワークフォース 2- 4- 1- 24/ 31 6.5% 19.4% 22.6%
ジャングルポケット 2- 3- 4- 32/ 41 4.9% 12.2% 22.0%
スペシャルウィーク 2- 1- 3- 10/ 16 12.5% 18.8% 37.5%
マーベラスサンデー 2- 1- 0- 4/ 7 28.6% 42.9% 42.9%
ディープスカイ 2- 1- 0- 11/ 14 14.3% 21.4% 21.4%
シンボリクリスエス 2- 0- 2- 35/ 39 5.1% 5.1% 10.3%
ローエングリン 2- 0- 0- 7/ 9 22.2% 22.2% 22.2%

出走馬も多いですが、ディープインパクトが頭一つ抜け出しているように思われます。
比較的キングカメハメハも頑張っているようなのですが、勝率などでは多少差をつけられている状態です。
まだ出走頭数は少ないですが、ルーラーシップの相性も良さそうに感じられます。

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする