阪神競馬場 芝1600m

阪神競馬場 芝1600m

◆主な重賞レース

チューリップ賞(G2)
阪神牝馬ステークス(G2)
桜花賞(G1)
アーリントンカップ(G3)
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
朝日杯フューチュリティステークス(G1)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 15- 13- 17-162/207 7.2% 13.5% 21.7%
2枠 15- 13- 19-170/217 6.9% 12.9% 21.7%
3枠 9- 17- 14-184/224 4.0% 11.6% 17.9%
4枠 25- 16- 16-179/236 10.6% 17.4% 24.2%
5枠 16- 25- 15-196/252 6.3% 16.3% 22.2%
6枠 23- 23- 19-194/259 8.9% 17.8% 25.1%
7枠 20- 18- 20-245/303 6.6% 12.5% 19.1%
8枠 18- 16- 22-268/324 5.6% 10.5% 17.3%

勝率にはかなり差があるように見受けられますが、複勝率ではそれほど大きな差は無いように感じられます。
それほど内枠と外枠で大きく有利不利が分かれるコースではないと思われます。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 16- 10- 12- 103/ 141 11.3% 18.4% 27.0%
平地・先行 58- 47- 50- 359/ 514 11.3% 20.4% 30.2%
平地・中団 49- 60- 59- 597/ 765 6.4% 14.2% 22.0%
平地・後方 18- 24- 20- 533/ 595 3.0% 7.1% 10.4%
平地・マクリ 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7%

逃げ・先行馬が有利と言えると思われますが、中団も全体的に率は落ちますが、複勝率は比較的高く、3着内に入ってくる絶対数も多いので注意が必要です。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 29- 30- 24-171/254 11.4% 23.2% 32.7%
ダイワメジャー 10- 12- 12- 89/123 8.1% 17.9% 27.6%
キングカメハメハ 10- 6- 11- 82/109 9.2% 14.7% 24.8%
ステイゴールド 8- 5- 7- 61/ 81 9.9% 16.0% 24.7%
ハービンジャー 6- 7- 5- 50/ 68 8.8% 19.1% 26.5%
アドマイヤムーン 6- 4- 5- 30/ 45 13.3% 22.2% 33.3%
ハーツクライ 5- 6- 9- 64/ 84 6.0% 13.1% 23.8%
ロードカナロア 4- 3- 0- 3/ 10 40.0% 70.0% 70.0%
Frankel 4- 1- 1- 4/ 10 40.0% 50.0% 60.0%
Kitten’s Joy 4- 0- 0- 1/ 5 80.0% 80.0% 80.0%
エンパイアメーカー 3- 4- 0- 17/ 24 12.5% 29.2% 29.2%
フレンチデピュティ 3- 0- 0- 7/ 10 30.0% 30.0% 30.0%

ディープインパクトが出走数でも圧倒的ですが、成績も頭一つ抜けた感があります。
しかし、短距離血統の新種牡馬であるロードカナロアやFrankelの成績が今後伸びてくると対抗馬としては脅威になるかもしれません。

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする