東京競馬場 芝2000m

東京競馬場 芝2000m

◆主な重賞レース

フローラステークス(G2)
天皇賞(秋)(G1)

◆過去3年(2015年初~2017年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 17- 13- 18- 97/145 11.7% 20.7% 33.1%
2枠 9- 7- 14-124/154 5.8% 10.4% 19.5%
3枠 10- 16- 14-129/169 5.9% 15.4% 23.7%
4枠 14- 15- 14-136/179 7.8% 16.2% 24.0%
5枠 18- 15- 13-151/197 9.1% 16.8% 23.4%
6枠 21- 15- 15-162/213 9.9% 16.9% 23.9%
7枠 12- 19- 14-191/236 5.1% 13.1% 19.1%
8枠 18- 17- 16-194/245 7.3% 14.3% 20.8%

1枠の好走率が非常に目立っています。
それを除けば3枠から6枠の中間の枠が比較的好走しているようです。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 16- 12- 9- 85/ 122 13.1% 23.0% 30.3%
平地・先行 42- 39- 38- 300/ 419 10.0% 19.3% 28.4%
平地・中団 49- 38- 49- 420/ 556 8.8% 15.6% 24.5%
平地・後方 12- 28- 21- 372/ 433 2.8% 9.2% 14.1%
平地・マクリ 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%

最後の直線が長いコース形態なのですが、前で競馬する馬の方が多少有利と言えると思われます。
それでも、中団の馬は逃げ、先行とほぼ同程度の複勝率となっていますし、後方の馬も、率的には低いですが、かなりの馬が突っ込んでこれる結果になっています。
後ろの馬でも軽視することは禁物かと思います。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
ステイゴールド 20- 10- 15-116/161 12.4% 18.6% 28.0%
ディープインパクト 15- 19- 16- 98/148 10.1% 23.0% 33.8%
キングカメハメハ 10- 9- 5- 59/ 83 12.0% 22.9% 28.9%
ハービンジャー 8- 5- 6- 39/ 58 13.8% 22.4% 32.8%
ハーツクライ 7- 11- 8- 67/ 93 7.5% 19.4% 28.0%
ゼンノロブロイ 5- 3- 1- 35/ 44 11.4% 18.2% 20.5%
ジャングルポケット 4- 3- 2- 27/ 36 11.1% 19.4% 25.0%
ヴィクトワールピサ 3- 10- 3- 20/ 36 8.3% 36.1% 44.4%
シンボリクリスエス 3- 4- 3- 40/ 50 6.0% 14.0% 20.0%
マンハッタンカフェ 3- 2- 4- 36/ 45 6.7% 11.1% 20.0%
ダイワメジャー 3- 2- 2- 22/ 29 10.3% 17.2% 24.1%
タニノギムレット 3- 1- 4- 24/ 32 9.4% 12.5% 25.0%
ブラックタイド 3- 1- 0- 24/ 28 10.7% 14.3% 14.3%
スズカマンボ 3- 0- 4- 6/ 13 23.1% 23.1% 53.8%
スクリーンヒーロー 3- 0- 1- 6/ 10 30.0% 30.0% 40.0%
メイショウサムソン 3- 0- 0- 21/ 24 12.5% 12.5% 12.5%

ディープインパクトが強いのは目を引きますが、それに並んでキングカメハメハの強さも目を引きます。
複勝率ではこの2頭から多少落ちますが、ステイゴールドは出走数が多く、それに比例して勝利数なども多くなり、勝率はこの2頭を凌駕しています。
他の馬ではヴィクトワールピサの2着が多いことが気になるところです。

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする