札幌競馬場 芝1200m

札幌競馬場 芝1200m

◆主な重賞レース

キーンランドカップ(G3)

◆過去3年(2014年初~2016年末)のデータ分析(新馬・未勝利から重賞まで全レース)

○枠番

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 4- 7- 6- 88/105 3.8% 10.5% 16.2%
2枠 9- 13- 7- 83/112 8.0% 19.6% 25.9%
3枠 8- 7- 12- 92/119 6.7% 12.6% 22.7%
4枠 8- 7- 9- 97/121 6.6% 12.4% 19.8%
5枠 8- 8- 11- 98/125 6.4% 12.8% 21.6%
6枠 11- 6- 4-107/128 8.6% 13.3% 16.4%
7枠 10- 9- 11-100/130 7.7% 14.6% 23.1%
8枠 10- 11- 8-102/131 7.6% 16.0% 22.1%

1枠の成績が明らかに悪くなっています。
スタート直後の直線は比較的長めなので、内を走れる馬がそれほど不利になるとは思いにくいコースだとは思います。
しかし、現実は成績が悪いということなので、包まれて動きにくいなどの理由があるのかもしれません。

○脚質

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 14- 11- 12- 31/ 68 20.6% 36.8% 54.4%
平地・先行 26- 29- 26-179/260 10.0% 21.2% 31.2%
平地・中団 24- 21- 24-269/338 7.1% 13.3% 20.4%
平地・後方 4- 7- 6-285/302 1.3% 3.6% 5.6%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

逃げ・先行が圧倒的に有利となっています。
やはり、平坦なコース形態が効いているのだと思います。
それほどコーナーもきつくないので、最初からスピードで押し切れるのかもしれません。

○種牡馬

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率
サクラバクシンオー 5- 2- 0-29/36 13.9% 19.4% 19.4%
アドマイヤムーン 4- 3- 4-21/32 12.5% 21.9% 34.4%
ダイワメジャー 3- 7- 5-25/40 7.5% 25.0% 37.5%
ディープインパクト 3- 2- 4-19/28 10.7% 17.9% 32.1%
ファルブラヴ 3- 2- 1-17/23 13.0% 21.7% 26.1%
Invincible Spirit 3- 1- 0- 1/ 5 60.0% 80.0% 80.0%
タイキシャトル 2- 3- 1-17/23 8.7% 21.7% 26.1%
ハーツクライ 2- 2- 1-15/20 10.0% 20.0% 25.0%
クロフネ 2- 1- 1-18/22 9.1% 13.6% 18.2%
キングカメハメハ 2- 1- 1-18/22 9.1% 13.6% 18.2%
Exceed And Excel 2- 1- 1- 0/ 4 50.0% 75.0% 100.0%
サクラプレジデント 2- 0- 1-11/14 14.3% 14.3% 21.4%
Speightstown 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0%

1着馬の最多はサクラバクシンオーとなっていますが、複勝率はそれほど良くありません。
ロイヤルチャージャー系だけでなくニアークティック系の種牡馬の好成績が目立つ結果になっています。

お気に召したら応援のクリックをお願いします。

競馬ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする